HOME > 廣上明子コラム03



24期生 廣上  明子
会社員の傍ら、消費者の立場から浜松の伝統産業(繊維)を「浜松注染(ちゅうせん)ゆかた・遠州木綿の普段着きもの」をキーワードに発信する市民団体「染め紡ぐ浜松」の代表として活動。

職人の手作業で染められる日本独自の伝統の染め「注染(ちゅうせん)そめ」と、「遠州木綿・遠州綿紬(めんつむぎ)」に魅了され、浜松に住んでいても知らない人が多い地元の魅力を伝えながら、和装の敷居を低くすることにより「地元のゆかた・きものを着る人を増やしたい」と考える。





連載 第3回
【ずっと続いて欲しい浜松産ゆかたと、染め紡ぐ浜松の活動】
 

今年(2017年)も、短いゆかたの季節が終わってしまいました。
みなさん、夏の間、何回ゆかたに袖を通しましたか?
私は活動を始めてから、多い時で週3回くらいゆかたを着るようになりました。


 
浜松注染ゆかた2017年新柄のマネキンと一緒に


去年のNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」で浜松が舞台になったこともあり、ぐっと注目度が増した浜松注染そめや地元の織物。 今年は、浜松市や商工会議所でも「たくさんの人にゆかたで、街なかに出かけてもらおう」という流れがあり、「浜松注染そめのゆかたのレンタル」や「ワンコイン着付け」を組み込んでイベントが企画されました。

そんな、浜松バルほろ酔い祭りや七夕まつりのイベントなどに、ゆかたを着て参加された方も多かったのではないでしょうか。


 
浜松バルほろ酔い祭り


ゆかたレンタルとワンコイン着付けを体験しました。 ゆかた姿は、洋服とまた一味違い、着る人も見る人も、心が華やぎ夏祭り感がアップしますよね。 私の周りでも、これを機会に何十年ぶりにゆかたを着た。という友人も多く、とても好評でした。



 
もちろん私も参加しました
はままつ七夕まつりのフォトスポットで記念撮影


私が浜松注染そめの美しさに出会った2015年春。 浜松がゆかたの産地であることを知ったと同時に、後継者不足などの厳しい経営状況も知りました。

当時、私の周りでは「浜松注染そめ」、「浜松がゆかたの一大産地」ということを知らない人がほとんどで、注染(ちゅうせん)という言葉も見聞きしたことがないため、読めない人も多かったほど。 近年、若い世代でゆかたブームが起き、ゆかたを着る人、購入する人は年々増えているようですが、購入が増えているゆかたのほとんどは海外で作られた安価なプリントのもの。

職人さんの手作業によって染められるこだわりの高価な浜松注染ゆかたは、販売数全体の1%以下だとか。 それに輪をかけて地元での認知度が低いのです。 ニーズがないからか他の原因か、浜松ではほとんど販売されていない(目にする機会がない)という状況だったのです。

もし「ゆかたが欲しい」と思っても、そもそも浜松注染そめのゆかたという存在を知らなければ選ばれないですよね。だから着られない。 「こんなにキレイなのにみんなが知らなくて無くなってしまうのはもったいない。」 「知ったら、私みたいに着たいと思う人がいるかもしれない。」 と思ったのが、『染め紡ぐ浜松』という活動を始めた理由なのです。

浜松注染そめの「染め」、地元の織物・遠州綿紬の「つむぎ」、人と人とを「紡ぐ(つむぐ)」ことが願い。 そんな名前を付けました。
私は、それまで「浜松がゆかたの産地」と知らなかったほど、繊維や呉服業界とはまったく無縁。そんな自分だからこそ見えること、出来ること、人に伝えられることがあるんじゃないか?と思ったのです。

主な活動は、「着る人を増やしたい」ということで着付けの練習会と、見学会やイベントの企画開催です。 欲しくなる、着たくなってもらうためには、自分で着付けが出来るようになるのが一番かな、と思い、敷居が低くて、着物を買わされたりする怖さのない気軽な「みんなで着付けを練習する場」の着付けの練習会を月2~3回実施しています。

また同時に、知ってもらうために「地元が産地だよ。こんなゆかたがあるよ。」という情報発信と、染め工場やメーカーさんから直に話を聞く見学会などの開催。 そして「着る場」としての食事会、お出かけイベント開催をしています。



 
ゆかたでパーティー


去年2016年からは、購入・お仕立て前に着心地を試してもらえるように「浜松注染ゆかた」と「遠州綿紬きもの」に特化したレンタルも行っています。




レンタル用の浜松注染ゆかた


少しずつですが、着る人も増えて認知度も上がってきたことを感じています。



→ 第2回目のコラムへ
→ 第1回目のコラムへ
→ コラムの扉ページへ

HOME
同窓会長 あいさつ
組織・役員
会則
同窓会会報「波濤」
活動報告
国際交流
関東支部の活動
名簿について
住所など変更希望
クラブOB会
第50回「波濤に集う」
 2016年1月3日開催
第49回「波濤に集う」
 2015年1月3日開催
OB講話
広報からのお知らせ
 
[活躍する同窓生]
連載コラム
話題の人インタビュー
マイフレンド
 
[今、学校では]
「はまなむ」!?
フォトギャラリー
学校の出来事
部活動
波濤祭
校歌・応援歌・逍遥歌
 
FACE BOOKページ
リンク集
 
お問い合わせ




浜松南高校ホームページへ