HOME > 忠内理絵コラム03

連載 第3回
【ゆるっと人生】

25期生 忠内理絵(ただうちあやえ)(旧姓:堀内)
 
高校卒業後、日本外国語専門学校へ進学。鈴与株式会社で税関への輸出入申告を行う通関誱に配属。その後はフリーペーパー出版社に長年勤務し、 2012年にフリーランスの編集者・ライターとして独立。静岡新聞社発行「浜松ぐるぐるマップ」では出版元と共働し、まるごと一冊を総括する。三度の飯より猫が好き!
 
 
 
 
 
 フリーライターになって丸3年。「どうしたらなれますか?」とまるで憧れの職業のように言われるし、「好きを仕事にできるなんて素敵」などとも言われます。夢を壊すようで申し訳ないけれど、記事を書くのはさほど好きでは…ないです。そしてクリエイターの現実は、よほどの売れっ子でない限りなかなか生計が立てられるものでもなく…。
 
 高校を卒業して、英語の専門学校へ進学をしました。将来、英語の道に進みたいと思った訳では無くて、英語の成績がまあまあ良かったから。高校の時の自分に「フリーライターになりました」と報告をしたら、そんな要素など当時は一つもなかったので、めちゃくちゃ驚くと思います。そして、今の自分がどうして「フリーライター」をやっているのかも、よくわかりません(笑)たまたまフリーペーパーの出版社へ経理事務として就職。なぜか取材や撮影をやっていて、なぜか編集長をやっていた私。人生とは本当に「妙」なもの。目をキラキラさせて「ライターになりたい!」と近づいてくる若者に説明のしようがないもので、「流れでこうなった」と正直に伝えた時の相手の失望感たるや。申し訳ない気分になってしまいます。
 
 フリーライターといっても一応は起業家です。起業家さんたちの集いなどで、南高出身の先輩や後輩が数多く活躍していることを知り、いろいろな出会いも頂戴しました。同じ高校というだけで親近感大!!あの自由な校風は、知らないうちに「チャレンジ精神」をも養ってもらえていたのでしょうか。OB・OGさんの目覚ましい活躍ぶりに、力をいただけるのでとても嬉しく思います。
 
 在校生のみなさんにとっては、将来の夢なども含めて進学先を考えていることでしょう。就職浪人がいたり、就活に失敗をして自殺者も出たりと、かなりの社会問題になっている昨今。私のようにたいした夢を持たずに生きてきた人間としては、不思議で仕方がありません。ある人がおっしゃっていたのですが、「南高出身者は“置かれたところで頑張れる人”が多い」そうな。夢や希望が叶わなくても、与えられたポジションでどうにかこうにか踏ん張れば、それもまた人生経験!と柔軟な考えにシフトできる。「とりあえずやってみれば?」という考えは、私の中でも息づいています。
 
さて、「浜松ぐるぐるマップ編集長」などと、たいそうな肩書でこのHPで紹介をしてもらっていますが、私の将来もこの先わかりません。他に何かやりたいことが見つかれば、年齢など気にせずにそっち方向へスタスタ歩いていくことでしょう。人はいつだって、何にでもなれる。こんなゆるゆるした人生で、どうもすみません。でも今しばらくは「フリーライター」をやれるところまで頑張る、つもりです(笑)
 

 
 
 
→ 連載6回目のページへ
→ 連載5回目のページへ
→ 連載4回目のページへ
→ 連載2回目のページへ
→ 連載1回目のページへ
→ コラムの扉ページへ

HOME
同窓会長 あいさつ
組織・役員
会則
同窓会会報「波濤」
活動報告
国際交流
関東支部の活動
名簿について
住所など変更希望
クラブOB会
第50回「波濤に集う」
 2016年1月3日開催
第49回「波濤に集う」
 2015年1月3日開催
OB講話
広報からのお知らせ
 
[活躍する同窓生]
連載コラム
話題の人インタビュー
マイフレンド
 
[今、学校では]
「はまなむ」!?
フォトギャラリー
学校の出来事
部活動
波濤祭
校歌・応援歌・逍遥歌
 
FACE BOOKページ
リンク集
 
お問い合わせ




浜松南高校ホームページへ