HOME > 吉田明日香コラム05

連載 第5回
ドイツ在住の私が教えるあんなことやこんなこと

39期生 吉田 明日香
 
「浜松デート本」編集長
株式会社アプライズ勤務
ドイツ ケルン → 日本帰国
現在再びドイツ在住
 
 
 
 
 
座右の目
 
突然ですが、みなさんの「座右の目」ってありますか?
私はこの「座右の目」を高校1年生の時に見つけ、今でもそれを自分の人生のテーマにしているんです。
 
ちなみに私の「座右の目」は、
 
 
背負う覚悟の分だけ可能性を手にしてる
 
 
です。……ってこのフレーズ、分かる人には分かるかも。
そう、これは歌手「浜崎あゆみ」さんが歌う「SURREAL」という歌の歌詞の一部。
実は、私は高校1年生の時の書道授業がきっかけでこの言葉に出会うことができました。
 
その日の書道の授業は、自分が好きな言葉を書くというもの。先生曰く「単語でも文章でも好きな歌手の歌詞でも……なんでもいいから自分の好きな言葉を書きなさい」と。
その場で思い浮かばなかった私は、その言葉を次回の授業までに見つけてくることが宿題になりました。
 
そして次の授業までの1週間。
毎日ぼんやりとは考えていましたが、好きな言葉と言っても全然ピンとこないんですよね。
本を読むのは嫌いではなかったし、音楽を聴くのも好き。
しかし、いざ自分の心に響いた言葉って言われると、う~ん、とっても難しい……。
 
で、どうしようどうしようと思っていたある日。ふと目にした音楽番組で流れていた曲に私は衝撃を受けました。
 
テレビに映っていたのは当時とても人気のあった「浜崎あゆみ」さん。(カラオケに行ったら絶対に歌ってたな~。)
何気なくテレビに耳を傾けた時にこんな歌詞が聞こえてきたのです。
 
 
「背負う覚悟の分だけ可能性を手にしてる~♪」
 
 
すごい!!
 
その時とても大きな感動を受けたことを覚えています。
高校生という大人と子どもが入り交じる多感な時期。想像できないこれからの自分の未来に不安を抱いていました。
当時私はやりたいことがあったけれど、成功するとは保証されない中で続けていくべきかどうか、どんな基準で人生の選択をして行けばいいのか悩んでいた時でもあったので、その歌詞にすごく大きな力で背中を押してもらったような気がしました。
 
これだ!!
 
私は次の授業で半紙いっぱいにその歌詞を綴りました。
ちょっと書道で書くには長すぎたけどね(笑)。
でも、ずっと忘れないように想いを込めて綴っていたのを覚えています。
 
そして、その日から今日までずっと色々な岐路で私はこの言葉に救われることとなりました。
 
就職先を決めるとき、
去年なにを思ったか日本を飛び出して突然ドイツに行ってしまったとき。
 
 
やりたいことに対してのワクワクする気持ちと、その反面、伴うであろう大きな苦労に怖じ気づいて決断ができずにいた時、私いつもこの言葉に背中を押してもらっていました。
 
 
背負う覚悟の分だけ可能性を手にしてる
 
 
これからもきっと、決心をしなければならない時や目標に向かっている途中でくじけそうになる時はたくさんあると思います。
でも、そんな時には高校1年生の時に出会ったこの言葉にたくさん助けられようと思います。




私のお仕事、年に1回発行される「デート本」の編集作業。
就職してからは本当にハードなことの積み重ねでした。
でも、大変だけど頑張ろうと思った先には必ず素敵なことが待っていました。


 
 

→連載6回目のページへ
→連載4回目のページへ
→連載3回目のページへ
→連載2回目のページへ
→連載1回目のページへ
→コラムの扉ページへ

HOME
同窓会長 あいさつ
組織・役員
会則
同窓会会報「波濤」
活動報告
国際交流
関東支部の活動
名簿について
住所など変更希望
クラブOB会
第50回「波濤に集う」
 2016年1月3日開催
第49回「波濤に集う」
 2015年1月3日開催
OB講話
広報からのお知らせ
 
[活躍する同窓生]
連載コラム
話題の人インタビュー
マイフレンド
 
[今、学校では]
「はまなむ」!?
フォトギャラリー
学校の出来事
部活動
波濤祭
校歌・応援歌・逍遥歌
 
FACE BOOKページ
リンク集
 
お問い合わせ




浜松南高校ホームページへ